いつか同じ空の下で

毎日の思いを。

HNをsoraにしたのは空が好きだから


晴れ渡った空


真っ青な空に白い雲が好きだ


でも、弱った心には真っ青な空は眩し過ぎる



雲が型を変えながら風に流されていく


まるで人の心のように


流されていけば楽だろうと思う


流されないような厚く黒い雲は重たくて雨を降らす


重く辛い心もまた土砂降りのように涙を流す


真っ黒な夜空にはひとつ、またひとつと星を探す


暗く落ち込んでいる心にはひとつ、またひとつと希望の光を探す


暗くて星も見えない夜には怖さを感じ


暗く落ち込んでいる心には絶望を感じる


空を見ていると自分の悲しみや辛さを忘れることが出来る


時には幻想的な空に吸い込まれそうな感じさえする


いつかあの空の彼方へ


大切な人が待つ場所へ


それまでは此処で足掻くしかないのでしょう


自分の出来ることを


自分のやるべきことを


自分の気持ちを見つめて


生きるしかない


この世の中で誰かの為に

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。